ビーグレン ニキビ

MENU

ニキビさよなら!ビーグレンを上手に使おう!

 

ビーグレン,ニキビ

 

 

ビーグレンのクレイ洗顔の使い方

 

ポイント1 ビーグレンは入浴の際に使うべし!

 

ビーグレンの特徴はやっぱりクレイ洗顔ですよね!
普通の洗顔では落ちないような汚れや菌も、クレイ洗顔できれいさっぱり。

 

ただ、一番効果が得られるのは入浴中です。
入浴中は、肌が温められて毛穴が開いた状態になります。

 

これにより、毛穴の汚れをしっかり落としやすくなり、
ビーグレンの効果を最大限引き出すことができます!

 

 

ポイント2 ごしごしこすらない!

 

ビーグレンのクレイ洗顔は、泡立つタイプの洗顔ではありません。

 

だからと言って、ごしごしこするのは厳禁!
微小粒子が、かえって肌を傷めてしまいます。

 

ビーグレンは、2〜3pを手に取り手のひらに伸ばします。
それを撫でるように、顔をマッサージして広げていってください。

 

 

 

ビーグレンのクレイローションの使い方

 

ビーグレンのクレイローションは、結構粘土の高いローションです。

 

保湿力も凄いのですが、グリチルリチン酸2Kという成分で
ニキビの炎症を抑える効果があります。

 

効果成分は天然成分が多く使われていて、肌への刺激が少ないのも ◎。

 

使用の際は、ちょっと多めを手のひらに広げ
なじませるように顔全体に広げてください。

 

パッティングではなく、ゆっくりなじませる方法が最適です。

 

 

 

ビーグレンのCセラムの使い方

 

Cセラムには、ビタミンC誘導体などニキビ跡をケアしてくれる働きがあります。

 

使用感は、人によって好みが分かれるかな〜といった感じで
結構どっしりとした感じの化粧品です。

 

オイリー肌の人は不向きかもしれません。

 

ただ、効果は大変期待してもいいと思います。
私は額の赤ニキビに悩んでいたのですが
Cセラムのおかげで綺麗になくなりました!

 

ちょっとなじむのに時間がかかったり、べたつきもあるので
寝る前に使用するのがおススメですよ♪

 

 

 

ビーグレンの使い方まとめ

 

クレイ洗顔は、顔になじませるようにマッサージして全体に広げる

 

クレイローションは、多めを手に取り、なじませるように顔全体に広げる

 

Cセラムは、夜寝る前に使用する

 

 

使っていくうちに、これよりも もっとあなたに合った使い方が見つかるかもしれません。

 

ニキビの状態を観察しながら、上手に使ってみてくださいね。